耳カットの【さくらねこ】って?

のらねこ♡

こんにちは モノコです♪

先日ののらねこ散歩の際に見つけたのが、耳の一部がない猫ちゃん

切れてしまったのかなと思いましたが、耳がカットされた猫でした!

なぜカットされているのだろう…と思っていましたが、

先日伺ったCattonさんの黒板に”さくらねこ”というワードが書かれていてその存在を知りました。

さくらねこってなんなんだろう…?

その裏側にはボランティアさんたちの沢山の努力猫たちへの愛がありました

本日はさくらねこについてお話しします♪

さくら猫とは

ある、目印のために耳がカットされたさくらねこ

確かに桜の花びらっぽいですね♡

これは、公益財団法人どうぶつ基金によって避妊・虚勢手術をしたのらねこちゃんたちの目印だそうです

なぜ、わざわざ避妊・虚勢をするのでしょう?

【現状】猫の殺処分

繁殖能力の高い猫は1年で3回出産し1回の出産で5〜8匹の子猫を生みます!

私も知りませんでした(°_°)

そして生まれた子猫も4ヶ月で成熟出産となると爆発的に繁殖しますよね(°_°)

そのため、人間の手には負えなくなり、

保健所で殺処分されてしまう猫は、昨年度は3万頭

以前はその10倍(30万頭)もののらねこが殺処分されていたそうです…

せっかく生まれてきたのに、そんな不幸な子たちがゼロになることを目標に

保護避妊手術自然に返す という活動が行われているそうです

同じ猫が間違って2度手術されない様に麻酔が効いているうちに耳をV字にカットしているそうです

(出血もほぼないとのこと)

のらねこと私たち

避妊・虚勢をする事で繁殖しなくなり、殺処分が減るだけではなく、

避妊・虚勢をする事で、猫たちの性格も穏やかになるそうです。

繁殖が減ることで、猫のフンや発情期の鳴き声などの住民の悩みも減ります。

さくらねこはのらねこと人間が上手く幸せに共存していくためにとても大切な活動でした

わたしも、猫を迎えるときは保護猫をお迎えしようと思います

にほんブログ村 猫ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました